SQL Builder

Raw SQL

Scan を使用して素のSQLでレコードを取得することができます。

type Result struct {
ID int
Name string
Age int
}

var result Result
db.Raw("SELECT id, name, age FROM users WHERE name = ?", 3).Scan(&result)

db.Raw("SELECT id, name, age FROM users WHERE name = ?", 3).Scan(&result)

var age int
db.Raw("SELECT SUM(age) FROM users WHERE role = ?", "admin").Scan(&age)

var users []User
db.Raw("UPDATE users SET name = ? WHERE age = ? RETURNING id, name", "jinzhu", 20).Scan(&users)

素のSQLで Exec を実行することも可能です。

db.Exec("DROP TABLE users")
db.Exec("UPDATE orders SET shipped_at = ? WHERE id IN ?", time.Now(), []int64{1, 2, 3})

// Exec with SQL Expression
db.Exec("UPDATE users SET money = ? WHERE name = ?", gorm.Expr("money * ? + ?", 10000, 1), "jinzhu")

GORMはパフォーマンスを向上のためにプリペアードステートメントをキャッシュすることができます。詳細は Performance を参照してください。

名前付き引数

GORMは sql.NamedArgmap[string]interface{}{} 、構造体を使用した名前付き引数をサポートしています。例:

db.Where("name1 = @name OR name2 = @name", sql.Named("name", "jinzhu")).Find(&user)
// SELECT * FROM `users` WHERE name1 = "jinzhu" OR name2 = "jinzhu"

db.Where("name1 = @name OR name2 = @name", map[string]interface{}{"name": "jinzhu2"}).First(&result3)
// SELECT * FROM `users` WHERE name1 = "jinzhu2" OR name2 = "jinzhu2" ORDER BY `users`.`id` LIMIT 1

// Named Argument with Raw SQL
db.Raw("SELECT * FROM users WHERE name1 = @name OR name2 = @name2 OR name3 = @name",
sql.Named("name", "jinzhu1"), sql.Named("name2", "jinzhu2")).Find(&user)
// SELECT * FROM users WHERE name1 = "jinzhu1" OR name2 = "jinzhu2" OR name3 = "jinzhu1"

db.Exec("UPDATE users SET name1 = @name, name2 = @name2, name3 = @name",
sql.Named("name", "jinzhunew"), sql.Named("name2", "jinzhunew2"))
// UPDATE users SET name1 = "jinzhunew", name2 = "jinzhunew2", name3 = "jinzhunew"

db.Raw("SELECT * FROM users WHERE (name1 = @name AND name3 = @name) AND name2 = @name2",
map[string]interface{}{"name": "jinzhu", "name2": "jinzhu2"}).Find(&user)
// SELECT * FROM users WHERE (name1 = "jinzhu" AND name3 = "jinzhu") AND name2 = "jinzhu2"

type NamedArgument struct {
Name string
Name2 string
}

db.Raw("SELECT * FROM users WHERE (name1 = @Name AND name3 = @Name) AND name2 = @Name2",
NamedArgument{Name: "jinzhu", Name2: "jinzhu2"}).Find(&user)
// SELECT * FROM users WHERE (name1 = "jinzhu" AND name3 = "jinzhu") AND name2 = "jinzhu2"

DryRun Mode

実行せずに、SQL とその引数の生成だけを行います。生成されたSQLの確認やテストを行えます。詳細についてはSession を確認してください。

stmt := db.Session(&Session{DryRun: true}).First(&user, 1).Statement
stmt.SQL.String() //=> SELECT * FROM `users` WHERE `id` = $1 ORDER BY `id`
stmt.Vars //=> []interface{}{1}

ToSQL

実行はせずに、生成された SQL を返します。

GORMはSQL文を構築するために database/sql のプレースホルダ引数を使用します。これにより、引数を自動的にエスケープし、SQLインジェクションを防ぐことができます。 しかし、生成されたSQLが安全であるという保証はしていないため、デバッグにのみ使用するようにしてください。

sql := DB.ToSQL(func(tx *gorm.DB) *gorm.DB {
return tx.Model(&User{}).Where("id = ?", 100).Limit(10).Order("age desc").Find(&[]User{})
})
sql //=> SELECT * FROM "users" WHERE id = 100 AND "users"."deleted_at" IS NULL ORDER BY age desc LIMIT 10

Row & Rows

結果を *sql.Row として取得します。

// GORMのAPIを利用
row := db.Table("users").Where("name = ?", "jinzhu").Select("name", "age").Row()
row.Scan(&name, &age)

// SQL文を利用
row := db.Raw("select name, age, email from users where name = ?", "jinzhu").Row()
row.Scan(&name, &age, &email)

結果を *sql.Rows として取得します。

// SQLの組み立てにGORM APIを使用
rows, err := db.Model(&User{}).Where("name = ?", "jinzhu").Select("name, age, email").Rows()
defer rows.Close()
for rows.Next() {
rows.Scan(&name, &age, &email)

// do something
}

// 素のSQL
rows, err := db.Raw("select name, age, email from users where name = ?", "jinzhu").Rows()
defer rows.Close()
for rows.Next() {
rows.Scan(&name, &age, &email)

// do something
}

バッチ処理でのレコード取得やレコード処理の方法については、FindInBatches を参照してください。また、複雑なSQLクエリの構築方法については、Group Conditions を参照してください。

*sql.Rows を構造体へ Scan

ScanRows を使用して、取得した行データを構造体にScanすることができます。例:

rows, err := db.Model(&User{}).Where("name = ?", "jinzhu").Select("name, age, email").Rows() // (*sql.Rows, error)
defer rows.Close()

var user User
for rows.Next() {
// ScanRows scan a row into user
db.ScanRows(rows, &user)

// do something
}

Connection

同じtcp接続で複数のSQLを実行することができます(トランザクションを意味するものではありません)

db.Connection(func(tx *gorm.DB) error {
tx.Exec("SET my.role = ?", "admin")

tx.First(&User{})
})

高度な機能

Clauses

GORMは内部的にSQLビルダーを使用してSQLを生成します。各操作に対し、GORMは *gorm.Statement オブジェクトを作成し、すべてのGORM APIで StatementClause を追加/変更し、最終的にこれらの Clause にもとづいてSQLを生成します。

例えば First でレコードを取得する場合、First は内部的に、以下の ClausesStatement に追加します。

clause.Select{Columns: "*"}
clause.From{Tables: clause.CurrentTable}
clause.Limit{Limit: 1}
clause.OrderByColumn{
Column: clause.Column{Table: clause.CurrentTable, Name: clause.PrimaryKey},
}

その後、GORMは Query コールバックで最終的に実行されるSQLクエリを組み立てます。

Statement.Build("SELECT", "FROM", "WHERE", "GROUP BY", "ORDER BY", "LIMIT", "FOR")

生成されるSQLは以下のようになります。

SELECT * FROM `users` ORDER BY `users`.`id` LIMIT 1

独自の Clause を定義して、それを利用することも可能です。その際は Interface を実装する必要があります。

詳細については examples を参照してください。

Clause Builder

データベースの種別に応じて、Clausesはそれぞれ異なるSQLを生成します。例:

db.Offset(10).Limit(5).Find(&users)
// Generated for SQL Server
// SELECT * FROM "users" OFFSET 10 ROW FETCH NEXT 5 ROWS ONLY
// Generated for MySQL
// SELECT * FROM `users` LIMIT 5 OFFSET 10

データベースドライバがClause Builderを登録することで、デフォルトのものを置き換えることが可能になっているため、これが可能となっています。 例として Limit を参照してみるとよいでしょう。

Clause Options

GORMは 多くのClauses を定義しています。いくつかのClausesは高度なオプションを提供し、アプリケーションで使用することができます。

ほとんど使われることはないかもしれませんが、もしGORMのAPIがアプリケーションの要求にマッチしない場合は、それらを調べてみてもよいでしょう。例:

db.Clauses(clause.Insert{Modifier: "IGNORE"}).Create(&user)
// INSERT IGNORE INTO users (name,age...) VALUES ("jinzhu",18...);

StatementModifier

GORMは StatementModifier インターフェイスを提供しており、これを利用することでアプリケーションの要求に合うようにstatementを修正することが可能になります。例として Hints を参照するとよいでしょう。

import "gorm.io/hints"

db.Clauses(hints.New("hint")).Find(&User{})
// SELECT * /*+ hint */ FROM `users`

Platinum Sponsors

Gold Sponsors

Platinum Sponsors

Gold Sponsors