Context

GORMはContextをサポートしています。メソッド WithContextで使用できます。

シングルセッション

シングルセッションは通常、単一の操作を実行するときに使用されます。

db.WithContext(ctx).Find(&users)

継続セッション

継続セッションは、通常、一連の操作を実行するときに使用されます。例:

tx := db.WithContext(ctx)
tx.First(&user, 1)
tx.Model(&user).Update("role", "admin")

Hooks/CallbacksでのContext

現在の Statement から Context にアクセスすることが可能です。例:

func (u *User) BeforeCreate(tx *gorm.DB) (err error) {
ctx := tx.Statement.Context
// ...
return
}

Chi Middlewareの例

継続セッションはAPIリクエストの処理に役立ちます。たとえば、ミドルウェア内でのタイムアウト設定をしたContextを使って、*gorm.DBを設定できます。 そして、その *gorm.DB を使ってリクエストの処理を行います。

Chi ミドルウェアの例を以下に示します。

func SetDBMiddleware(next http.Handler) http.Handler {
return http.HandlerFunc(func(w http.ResponseWriter, r *http.Request) {
timeoutContext, _ := context.WithTimeout(context.Background(), time.Second)
ctx := context.WithValue(r.Context(), "DB", db.WithContext(timeoutContext))
next.ServeHTTP(w, r.WithContext(ctx))
})
}

r := chi.NewRouter()
r.Use(SetDBMiddleware)

r.Get("/", func(w http.ResponseWriter, r *http.Request) {
db, ok := ctx.Value("DB").(*gorm.DB)

var users []User
db.Find(&users)

// lots of db operations
})

r.Get("/user", func(w http.ResponseWriter, r *http.Request) {
db, ok := ctx.Value("DB").(*gorm.DB)

var user User
db.First(&user)

// lots of db operations
})

ContextWithContextで設定するのはゴルーチンセーフです。 詳細はSessionを参照してください。

Logger

Loggerも Context もに対応しており、ログのトラッキングに使用することができます。詳細については Logger を参照してください。

Platinum Sponsors

Become a Sponsor!

Platinum Sponsors

Become a Sponsor!

OpenCollective Sponsors