Logger

Logger

Gormには デフォルトのLogger実装が入っています。デフォルトでは、スロークエリとエラーをロギングします。

デフォルトのLoggerにはいくつかの設定オプションがあり、初期化中にカスタマイズすることができます。例:

newLogger := logger.New(
log.New(os.Stdout, "\r\n", log.LstdFlags), // io writer
logger.Config{
SlowThreshold: time.Second, // Slow SQL threshold
LogLevel: logger.Silent, // Log level
IgnoreRecordNotFoundError: true, // Ignore ErrRecordNotFound error for logger
Colorful: false, // Disable color
},
)

// Globally mode
db, err := gorm.Open(sqlite.Open("test.db"), &gorm.Config{
Logger: newLogger,
})

// Continuous session mode
tx := db.Session(&Session{Logger: newLogger})
tx.First(&user)
tx.Model(&user).Update("Age", 18)

ログレベル

GORMが定義しているログレベル: Silent, Error, Warn, Info

db, err := gorm.Open(sqlite.Open("test.db"), &gorm.Config{
Logger: logger.Default.LogMode(logger.Silent),
})

デバッグ

単一の操作をデバッグし、現在の操作のログレベルをlogger.Info に変更します

db.Debug().Where("name = ?", "jinzhu").First(&User{})

Loggerのカスタマイズ

独自のLoggerを定義する方法については、GORMの default logger を参照してください。

Loggerは以下ののインターフェイスを実装する必要があります。 contextを利用できるため、ログトレースで使用することができます。

type Interface interface {
LogMode(LogLevel) Interface
Info(context.Context, string, ...interface{})
Warn(context.Context, string, ...interface{})
Error(context.Context, string, ...interface{})
Trace(ctx context.Context, begin time.Time, fc func() (sql string, rowsAffected int64), err error)
}

Platinum Sponsors

Become a Sponsor!

Platinum Sponsors

Become a Sponsor!

OpenCollective Sponsors