更新履歴

v2.0 - 2020.08

GORM2.0はスクラッチからの書き直しをしているため、互換性のないAPIの変更と多くの改善が導入されています。

  • パフォーマンスの改善
  • モジュール性の向上
  • Contextへの対応、Batch Insertの追加、Prepared State Modeの追加、DryRun Modeの追加、Join Preload機能の追加、Find結果のマップへの変換、マップでのCreate、FindInBatchesのサポート
  • トランザクションのネスト、セーブポイント、セーブポイントへのロールバックのサポート
  • 名前付き引数、集約条件、Upsert、ロック、Optimizer/Index/Comment Hintsのサポート、サブクエリの改善
  • 自己参照の完全なサポート、テーブル結合の改善、大量データでのAssociation Modeの対応
  • 複数フィールドでの作成/更新時間をトラッキング、またUNIX(ミリ/ナノ)秒でのトラッキングのサポート
  • フィールド権限のサポート:読み取り専用、書き込み専用、作成専用、更新専用、無視するフィールド
  • 新しいプラグインシステム:複数データベースへの対応、Database Resolverプラグインでの読み取り/書き込み分離の対応、prometheusとの連携
  • 新しいHooksのAPI:プラグインと統合されたインターフェイス
  • 新しいマイグレーション処理:リレーション用の外部キーの作成への対応、制約/checkへの対応、強化されたインデックスのサポート
  • 新しいLogger:contextへの対応、拡張性の向上
  • 統一された命名規約:テーブル名、フィールド名、結合テーブル名、外部キー、Check制約、インデックス名のルール
  • 独自のデータ型へのさらなるサポート(例:JSON)

GORM 2.0 Release Note

v1.0 - 2016.04

GORM V1 Docs

破壊的変更

  • gorm.Open*gorm.DB 型 ではなくgorm.DB 型を返すようになります
  • 更新は変更されたフィールドのみ反映されるようになります
  • 論理削除は deleted_at IS NULL のチェックのみ行われるようになります
  • データベース名への変換ロジックの更新: golint にある HTTPURI のような省略形の名称は今までも問題なく lowercase に変換されていました。つまり HTTPh_t_t_pではなく http へ変換ができていました。しかし、リストにないその他の省略形の名称はその限りではなく、例えば SKUs_k_u に変換されてしまっていました。今回の変更でそれが sku となるようになります。
  • RecordNotFoundエラー が ErrRecordNotFound に改名されました
  • mssql 固有の設定は github.com/jinzhu/gorm/dialects/mssql に変更されました
  • Hstoregithub.com/jinzhu/gorm/dialects/postgres パッケージに移動されました

Gold Sponsors

Become a Sponsor!

Gold Sponsors

Become a Sponsor!