規約

主キーとしての ID

GORMはデフォルトで、テーブルの主キーとして ID という名前のフィールドを使用します。

type User struct {
  ID   string //フィールドはデフォルトでは `ID` という名前のフィールドがプライマリフィールドとして使われます。
  Name string
}

他のフィールドを primaryKey タグで主キーとして設定できます

// Set field `UUID` as primary field
type Animal struct {
  ID     int64
  UUID   string `gorm:"primaryKey"`
  Name   string
  Age    int64
}

Composite Primary Key も参照してください。

複数形のテーブル名

GORMは構造体名をテーブル名としてsnake_casesのように複数形にします。構造体 User の場合、対応するテーブル名は規約により users となります。

テーブル名

Tabler インターフェイスを実装することで、デフォルトのテーブル名を変更することができます。例:

type Tabler interface {
TableName() string
}

// TableName overrides the table name used by User to `profiles`
func (User) TableName() string {
  return "profiles"
}

注意 メソッドの戻り値はキャッシュされるため、 TableNameは動的な名前を許可していません。動的にテーブル名を変更するには、 Scopes で解決することができます。例:

func UserTable(user User) func (tx *gorm.DB) *gorm.DB {
return func (tx *gorm.DB) *gorm.DB {
if user.Admin {
return tx.Table("admin_users")
}

return tx.Table("users")
}
}

db.Scopes(UserTable(user)).Create(&user)

一時的に名前を指定する

Tableメソッドで一時的にテーブル名を指定できます。例:

// Create table `deleted_users` with struct User's fields
db.Table("deleted_users").AutoMigrate(&User{})

// Query data from another table
var deletedUsers []User
db.Table("deleted_users").Find(&deletedUsers)
// SELECT * FROM deleted_users;

db.Table("deleted_users").Where("name = ?", "jinzhu").Delete(&User{})
// DELETE FROM deleted_users WHERE name = 'jinzhu';

FROM句でサブクエリを使用する方法については、 From SubQuery を参照してください。

NamingStrategy

TableName, ColumnName, JoinTableName, RelationshipFKName, CheckerName, IndexNameの生成に使用されているNamingStrategyをオーバーライドすることで、デフォルトの命名規則を変更できます。詳細はGORM Configを参照してください。

カラム名

規約に従い、データベースのカラム名はフィールド名のsnake_caseを使用します。

type User struct {
  ID        uint      // column name is `id`
  Name      string    // column name is `name`
  Birthday  time.Time // column name is `birthday`
  CreatedAt time.Time // column name is `created_at`
}

column タグか NamingStrategy を利用することでカラム名を上書きできます。

type Animal struct {
  AnimalID int64     `gorm:"column:beast_id"`         // set name to `beast_id`
  Birthday time.Time `gorm:"column:day_of_the_beast"` // set name to `day_of_the_beast`
  Age      int64     `gorm:"column:age_of_the_beast"` // set name to `age_of_the_beast`
}

タイムスタンプのトラッキング

CreatedAt

CreatedAtフィールドを持つモデルの場合、フィールドの値がゼロ値であれば、レコード作成時に現在時刻が設定されます。

db.Create(&user) // set `CreatedAt` to current time

user2 := User{Name: "jinzhu", CreatedAt: time.Now()}
db.Create(&user2) // user2's `CreatedAt` won't be changed

// To change its value, you could use `Update`
db.Model(&user).Update("CreatedAt", time.Now())

UpdatedAt

UpdateAtフィールドを持つモデルの場合、フィールドの値がゼロ値であれば、レコードの更新時または作成時に現在時刻が設定されます。

db.Save(&user) // set `UpdatedAt` to current time

db.Model(&user).Update("name", "jinzhu") // will set `UpdatedAt` to current time

db.Model(&user).UpdateColumn("name", "jinzhu") // `UpdatedAt` won't be changed

user2 := User{Name: "jinzhu", UpdatedAt: time.Now()}
db.Create(&user2) // user2's `UpdatedAt` won't be changed when creating

user3 := User{Name: "jinzhu", UpdatedAt: time.Now()}
db.Save(&user3) // user3's `UpdatedAt` will change to current time when updating

注意 GORMでは、複数のタイムトラッキング用のフィールドを定義することや、UNIX(ナノ/ミリ)秒でタイムトラッキングすることが可能です。詳細については Models をチェックしてください。

Platinum Sponsors

Become a Sponsor!

Platinum Sponsors

Become a Sponsor!

OpenCollective Sponsors