GORM Config

GORMは初期化時にConfigを使用できます

type Config struct {
SkipDefaultTransaction bool
NamingStrategy schema.Namer
Logger logger.Interface
NowFunc func() time.Time
DryRun bool
PrepareStmt bool
DisableNestedTransaction bool
AllowGlobalUpdate bool
DisableAutomaticPing bool
DisableForeignKeyConstraintWhenMigrating bool
}

デフォルトトランザクションを無効にする

GORMは、データの一貫性を確保するために書き込み操作(作成/更新/削除) をトランザクション内で実行します。必要でなければ、初期化時に無効にできます

db, err := gorm.Open(sqlite.Open("gorm.db"), &gorm.Config{
SkipDefaultTransaction: true,
})

NamingStrategy

GORMでは、Namer インターフェイスを実装する必要があるデフォルトの NamingStrategyをオーバーライドすることで、命名規則を変更できます。

type Namer interface {
TableName(table string) string
SchemaName(table string) string
ColumnName(table, column string) string
JoinTableName(table string) string
RelationshipFKName(Relationship) string
CheckerName(table, column string) string
IndexName(table, column string) string
}

デフォルトの NamingStrategy も、以下のようないくつかのオプションを提供します。

db, err := gorm.Open(sqlite.Open("gorm.db"), &gorm.Config{
NamingStrategy: schema.NamingStrategy{
TablePrefix: "t_", // table name prefix, table for `User` would be `t_users`
SingularTable: true, // use singular table name, table for `User` would be `user` with this option enabled
NameReplacer: strings.NewReplacer("CID", "Cid"), // use name replacer to change struct/field name before convert it to db name
},
})

Logger

オプションをオーバーライドすることで、GORMのデフォルトのLoggerを変更できます。詳細は Logger を参照してください。

NowFunc

新しいタイムスタンプを作成するときに使用する関数を変更します

db, err := gorm.Open(sqlite.Open("gorm.db"), &gorm.Config{
NowFunc: func() time.Time {
return time.Now().Local()
},
})

DryRun

実行せずに SQL を生成し、SQL生成の準備やテストに使用できます。詳細は セッション を参照してください。

db, err := gorm.Open(sqlite.Open("gorm.db"), &gorm.Config{
DryRun: false,
})

PrepareStmt

PreparedStmt は任意の SQL を実行するときに用意されたステートメントを作成し、将来の呼び出しを高速化するためにキャッシュします。詳細は セッション を参照してください。

db, err := gorm.Open(sqlite.Open("gorm.db"), &gorm.Config{
PrepareStmt: false,
})

トランザクションのネストを無効にする

トランザクション内で Transaction メソッドを使用した場合、GORMは SavePoint(savedPointName), RollbackTo(savedPointName) を利用してトランザクションのネストをサポートしています。これを無効にするには、DisableNestedTransaction オプションを利用します。詳細については、Session を参照してください。

Global Updateを有効にする

Global update/deleteを有効にすることが可能です。詳細は Session を参照してください。

自動の Ping を無効にする

GORMはデータベースの可用性をチェックするため、初期化後に自動でデータベースに ping を行います。以下の設定を true に設定してすることでこれを無効にできます。

db, err := gorm.Open(sqlite.Open("gorm.db"), &gorm.Config{
DisableAutomaticPing: true,
})

マイグレーション時の外部キー制約を無効にする

GORMは、AutoMigrate または CreateTable 実行時にデータベースの外部キー制約を自動的に作成します。以下の設定を true に設定することでこれを無効できます。詳細については、マイグレーションを参照してください。

db, err := gorm.Open(sqlite.Open("gorm.db"), &gorm.Config{
DisableForeignKeyConstraintWhenMigrating: true,
})

Platinum Sponsors

Become a Sponsor!

Platinum Sponsors

Become a Sponsor!

OpenCollective Sponsors