Migration

Auto Migration

スキーマ定義のマイグレーションを自動で行い、スキーマを最新の状態に保ちます。

注意: AutoMigrate はテーブル、外部キー、制約、カラム、インデックスを作成します。 カラムのサイズ、精度、null可否などが変更された場合、既存のカラムの型を変更します。 しかし、データを守るために、使われなくなったカラムの削除は実行されません

db.AutoMigrate(&User{})

db.AutoMigrate(&User{}, &Product{}, &Order{})

// Add table suffix when creating tables
db.Set("gorm:table_options", "ENGINE=InnoDB").AutoMigrate(&User{})

注意 AutoMigrate はデータベースの外部キー制約を自動的に作成します。初期化時にこの機能を無効にすることができます。例:

db, err := gorm.Open(sqlite.Open("gorm.db"), &gorm.Config{
DisableForeignKeyConstraintWhenMigrating: true,
})

Migrator Interface

GORMは、データベースに依存しないスキーママイグレーションを構築するために使用できる、各データベースのための統一されたAPIインタフェースを含むmigratorインタフェースを提供します。例:

SQLiteはALTER COLUMN, DROP COLUMNをサポートしていませんが、GORMは変更しようとしているテーブルを新しいテーブルとして作成し、すべてのデータをコピーし、古いテーブルを削除し、新しいテーブルの名前を変更します。

MySQLは、いくつかのバージョンではカラム名変更、インデックス変更をサポートしていませんが、GORMは使用しているMySQLのバージョンに応じて異なるSQLを実行します。

type Migrator interface {
// AutoMigrate
AutoMigrate(dst ...interface{}) error

// Database
CurrentDatabase() string
FullDataTypeOf(*schema.Field) clause.Expr

// Tables
CreateTable(dst ...interface{}) error
DropTable(dst ...interface{}) error
HasTable(dst interface{}) bool
RenameTable(oldName, newName interface{}) error
GetTables() (tableList []string, err error)

// Columns
AddColumn(dst interface{}, field string) error
DropColumn(dst interface{}, field string) error
AlterColumn(dst interface{}, field string) error
MigrateColumn(dst interface{}, field *schema.Field, columnType ColumnType) error
HasColumn(dst interface{}, field string) bool
RenameColumn(dst interface{}, oldName, field string) error
ColumnTypes(dst interface{}) ([]ColumnType, error)

// Constraints
CreateConstraint(dst interface{}, name string) error
DropConstraint(dst interface{}, name string) error
HasConstraint(dst interface{}, name string) bool

// Indexes
CreateIndex(dst interface{}, name string) error
DropIndex(dst interface{}, name string) error
HasIndex(dst interface{}, name string) bool
RenameIndex(dst interface{}, oldName, newName string) error
}

CurrentDatabase

使用中のデータベース名を取得できます

db.Migrator().CurrentDatabase()

Tables

// `User` テーブルを作成する
db.Migrator().CreateTable(&User{})

// `User` テーブル作成時のSQLに "ENGINE=InnoDB" を追加する
db.Set("gorm:table_options", "ENGINE=InnoDB").Migrator().CreateTable(&User{})

// `User` テーブルが存在するかどうかをチェックする
db.Migrator().HasTable(&User{})
db.Migrator().HasTable("users")

// テーブルが存在する場合はDropする(外部キー制約は無視するか削除する)
db.Migrator().DropTable(&User{})
db.Migrator().DropTable("users")

// テーブル名を新しいものに変更する
db.Migrator().RenameTable(&User{}, &UserInfo{})
db.Migrator().RenameTable("users", "user_infos")

Columns

type User struct {
Name string
}

// Add name field
db.Migrator().AddColumn(&User{}, "Name")
// Drop name field
db.Migrator().DropColumn(&User{}, "Name")
// Alter name field
db.Migrator().AlterColumn(&User{}, "Name")
// Check column exists
db.Migrator().HasColumn(&User{}, "Name")

type User struct {
Name string
NewName string
}

// Rename column to new name
db.Migrator().RenameColumn(&User{}, "Name", "NewName")
db.Migrator().RenameColumn(&User{}, "name", "new_name")

// ColumnTypes
db.Migrator().ColumnTypes(&User{}) ([]gorm.ColumnType, error)

type ColumnType interface {
Name() string
DatabaseTypeName() string // varchar
ColumnType() (columnType string, ok bool) // varchar(64)
PrimaryKey() (isPrimaryKey bool, ok bool)
AutoIncrement() (isAutoIncrement bool, ok bool)
Length() (length int64, ok bool)
DecimalSize() (precision int64, scale int64, ok bool)
Nullable() (nullable bool, ok bool)
Unique() (unique bool, ok bool)
ScanType() reflect.Type
Comment() (value string, ok bool)
DefaultValue() (value string, ok bool)
}

Constraints(制約)

type UserIndex struct {
Name string `gorm:"check:name_checker,name <> 'jinzhu'"`
}

// 制約の作成
db.Migrator().CreateConstraint(&User{}, "name_checker")

// 制約の削除
db.Migrator().DropConstraint(&User{}, "name_checker")

// 制約が存在するかチェックする
db.Migrator().HasConstraint(&User{}, "name_checker")

リレーション用の外部キーを作成することもできます。

type User struct {
gorm.Model
CreditCards []CreditCard
}

type CreditCard struct {
gorm.Model
Number string
UserID uint
}

// user と credit_cards で使用するための外部キーを作成する
db.Migrator().CreateConstraint(&User{}, "CreditCards")
db.Migrator().CreateConstraint(&User{}, "fk_users_credit_cards")
// ALTER TABLE `credit_cards` ADD CONSTRAINT `fk_users_credit_cards` FOREIGN KEY (`user_id`) REFERENCES `users`(`id`)

// user と credit_cards で使用する外部キーが存在するかチェックする
db.Migrator().HasConstraint(&User{}, "CreditCards")
db.Migrator().HasConstraint(&User{}, "fk_users_credit_cards")

// user と credit_cards で使用する外部キーを削除する
db.Migrator().DropConstraint(&User{}, "CreditCards")
db.Migrator().DropConstraint(&User{}, "fk_users_credit_cards")

Index

type User struct {
gorm.Model
Name string `gorm:"size:255;index:idx_name,unique"`
}

// Nameフィールドにインデックスを作成する
db.Migrator().CreateIndex(&User{}, "Name")
db.Migrator().CreateIndex(&User{}, "idx_name")

// Nameフィールドのインデックスを削除する
db.Migrator().DropIndex(&User{}, "Name")
db.Migrator().DropIndex(&User{}, "idx_name")

// インデックスが存在するかチェックする
db.Migrator().HasIndex(&User{}, "Name")
db.Migrator().HasIndex(&User{}, "idx_name")

type User struct {
gorm.Model
Name string `gorm:"size:255;index:idx_name,unique"`
Name2 string `gorm:"size:255;index:idx_name_2,unique"`
}
// インデックス名を変更する
db.Migrator().RenameIndex(&User{}, "Name", "Name2")
db.Migrator().RenameIndex(&User{}, "idx_name", "idx_name_2")

制約

GORMは、テーブルの自動マイグレーション時や作成時に制約を作成します。詳細は 制約 または インデックス を参照してください。

その他のマイグレーションツール

GORMのAutoMigrateはほとんどのケースでうまく機能しますが、より本格的なスキーママイグレーションツールを利用する際は、GORMが提供している一般的なDBインターフェースが役に立ちます

// returns `*sql.DB`
db.DB()

詳細については、 [Generic Interface](generic_interface. html) を参照してください。

Gold Sponsors

Become a Sponsor!

Gold Sponsors

Become a Sponsor!